読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

切迫早産で入院。3日目(27週2日)

入院3日目(27週3日)

ウテメリン 2A30ml/h ➡ 4A30ml/h


ヒマすぎて気が滅入ってくるも、この日も問題なく経過。

今、入院している病院は家から徒歩5分ほどのところに

あるのですが、この界隈ではわりと有名な産婦人科らしい。

施設もきれいだし、大部屋とはいえ、一人ずつの

スペースもとても広いし、ご飯もわりと美味しいです。

味噌汁以外。笑

ただ、量はとても多い。

妊娠する前から胃が丈夫ではなく、妊娠してからは

さらに食べられなくなっていた私には、相当な量です。

ごはんは必ず残してしまうし、もったいないので

半分にしてくださいと2度ほどお願いしましたが、

残して構わないですよ、という返答とともにスルーされた

ので、諦めました。

後日、新しい入院患者さんが入ってきた時に、

初めは量が多いと感じても、慣れてきて段々

食べられるようになるとの説明が聞こえてきたので、

そのためかーと納得。

でも、無理して食べると気持ち悪くなるため、

結局完食できないままですが。。


毎日お腹はいっぱいですが、今日も無事終わると

思っていた消灯後の23時頃。

なんだか、お腹が張っているような、

でもこんなものかな、、と15分ほど一人で考えました。

が、入院したときも、前日の夜、お腹が張ってる時に

来てくれた方がよかった、と言われ、入院後も

張りがおさまってからではわからないから、

張ってる時に教えてね、と言われていたので、

せっかく入院してるのだし、張ってないと言われれば

それで基準もわかるし、と思いきってナースコールしました。

すぐに、看護婦さんが来てくれて、お腹張ってるねぇ、と。

やっぱり!呼んでよかった。。

その後、モニターでチェックし、張りが強いと判断された

みたいで、一気に倍の薬のウテメリン4Aに。

おかげで、張りはおさまってきて、無事就寝となりました。

27週は、まだまだお腹が張ってはいけない時期だそうで、

夜中にすぐ対応してもらえたのは、入院してて

よかったことでした。

早くお家に帰りたいけど、落ち着くまではやっぱり心配です。