読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

切迫早産(32週6日)、自宅安静ついに解除

今日は2週間ぶりの妊婦健診の日でした。

退院してからの2週間、本当にほとんど全く

家事もせず、食事、洗濯、掃除など、一切を

旦那さんと母にお願いして、ひたすらソファで

寝ている毎日でした。

それでも、たまに立ってちょっと片付けしたりすると

お腹が張ったりして、今日の健診で悪化してたら

どうしよう、また入院になったら...とドキドキ

しながら健診へ。


結果、安静の成果で、子宮頸管は前回の30mmから

40mm弱にまで戻っているとのこと。

これだけあれば、絶対安静ではなくても良いので、

近所に買い物に行ったり、少し動いてみましょうと。

ただ、子宮が開きやすいので、お腹が張ったら

すぐ休む、ということを徹底してくださいと

言われました。


会社への挨拶も、通勤ラッシュを避けて、

座っていけるのであればOKと言われたので、

突然の長期休みから、そのまま産休に突入するの

だけは避けられそうです。

(実際は産休突入ですが、せめて顔出しだけでも

してから、半年~1年半のお休みに入りたいと

思ってたので)


そして、赤ちゃんは前回の1,600gから、1,800gへ

成長していて、成長に問題はないとのことで

ひと安心。

32週頃になると、子宮に対して赤ちゃんが大きく

なるので、胎動が減るとどこかで読みましたが、

そんなこともあまりなく、むしろスペースが

ない分、つっぱり感が強いです。

でも、よく動いてるのも元気な証拠。

いい子にして、10月に無事に元気で会おうね。