locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、KLCにて第二子妊活中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

D13 卵胞チェック【1周期目KLC】

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産。

現在、二人目妊活中です。


指定されたD13の午前中にKLCに行って来ました。

卵胞チェックだけなら、夕方仕事が終わってから

の診察でも良いんじゃないかと思いましたが、

午前中の診察なら、すぐに排卵しそうでも

午後に採卵できるけど、午後の診察だとそれが

できないから、排卵を逃してしまう可能性が

あると言われ、初回なので、仕事は午前休で

朝イチで行って来ました。


とにかく、初めてなので、時間の感覚もわからず

7:30の予約をして、6:53にKLCに着きました。

私の前に並んでいたのは6人。

その後、7時になると待合室のドアが開き、

室内で座って待ちました。

7:30に再診機にて受付開始され、私は21番でした。


月初だったので、4階総合受付で保険証確認し、

10階に行くとすぐ採血に呼ばれました。

そして、5階診察室待ち合いで待機。

こちらは8時から診察開始のようでした。

8:10に内診室に呼ばれ、8:45には診察室に

呼ばれました。


16㎜と20㎜の卵胞が確認できたとのこと。

2日後に採卵、その2日後に移植の予定で

行きましょうと言われました。

クロミッドを飲んでいましたが、そのせいで

診察前に排卵してしまっていたらどうしよう

と思っていましたが、とりあえず、第一段階を

クリアできました。

ただし、子宮内膜が5.8㎜で、移植の時に8㎜

ないと移植できないと言われ、子宮内膜が

厚くなることを祈るばかりです。


9:15には処置室に呼ばれで、鼻スプレーと

座薬の説明を受けました。

どちらも初めてなので、ドキドキ。。

そして、お会計なしで、9:25に終了しました。


思ったよりも早く終わりましたが、午前休

じゃないと間に合わない時間でした。

初日の5時間待ちの恐怖があったので、

半分の時間で済んでよかったです。