locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、KLCにて第二子妊活中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

D16 受精確認【1周期目KLC】

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊活中です。


D16受精確認の日です。

午後14:05に電話で問い合わせしてください

との指示を受けていました。

指定の時間より少し過ぎた頃に電話をかけました。


ちゃんと受精しているか、心配で、心配で。

今回、卵が2つ取れたので、上手くいけば

1つは移植、もう1つは胚盤胞まで育てて

凍結の予定でした。


結果は、1つだけ受精していました。

私の卵が良くなかったのかなと、ちょっと

ガックリでしたが、1つは残っていて

移植の望みは絶たれていないのだから、

よかった、ということにしました。


凍結できないということよりも、この1つの

卵がちゃんと分割しなかったら、今周期が

終わってしまうということの方が恐怖でした。

もしも2つ残っていれば、どちらかが分割

してくれれば良いのだから。


でも、それはいつの時点でも同じことで、

今回、成熟卵が2つ取れたから、1つは

生き残ってくれたんですよね。

クロミッドを飲んで、2つに増えた卵だったから、

増えた方ではなく、もともとの1つは、

きっと生命力も強いはず!と信じて、

翌朝の分割確認を無事に迎えられるように

ひたすら祈っていたのでした。