locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、KLCにて第二子妊活中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

BT0(D20) 凍結胚盤胞移植【5周期目KLC】

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊活中です。


移植日でした。

8時過ぎに受付し、採血後は9階で待機しました。

そして、9時に5階への移動の指示があり、

9:15 診察室へ。

ホルモン値は問題ないので、移植になります、

とのこと。

とりあえず、一安心。


フレッシュな卵はまだ移植出来る状態では

ないので、凍結してある卵を使うこと、

ホルモン値が低く見えるがレトロゾールの

せいなので問題ないこと、それでも一応

ホルモンの薬も出しますね、とのことでした。

丁寧な女医さんで、移植後は普段通りの

生活で大丈夫ですと言われました。


そして、午後12時まで外出可ということで、

いったん終了しました。

フリーWi-Fiと電源があるところを求め、

歌舞伎町の方のマックへ。

観光客などゴタゴタしていて、KLCの前のお店の

方が良かったかなと思いつつも、そのまま

時間を潰しました。


12時少し前に9階に戻ると、しばらくして、

今度は培養士さんからのお話に呼ばれました。

今回移植する卵は、6日目胚盤胞のグレードC

でした。

グレードCだと、妊娠率は35~44%で、正直

ショックを隠せませんでした。

前週期、キャンセルになったとき、せっかく

良い卵があるのだから、無理に移植するのは

もったいないと言われていたので、勝手に

グレードも良いものだと思い込んでいました。


培養士さんに「あまり良い卵じゃないんですね?」

と聞くと、「妊娠の可能性はあるので、移植

してみて、様子を見る形になります」と。

今育てている胚盤胞は凍結までの時間によって

グレードBになる可能性はあると言われました。

とても不安になりましたが、今ある卵は

これしかないので、移植するしかない!


お話が終わって、また9階でひたすら待機して

13:00に8階へ呼ばれました。

初めての1番のお部屋です。

朝の受付の時は私の前に何人も人がいましたが、

何順なんだろう??

お薬は事前に渡され、いつもの抗生剤と

黄体ホルモン補充の薬と今回初めての

女性ホルモン補充の薬でした。

その後、13:25頃呼ばれて、いよいよ移植です。


お腹に確実に入った卵。

アシストハッチングしたので、早ければ翌日には

着床するんですよね。

35~44%という確率ですが、それでも自然妊娠

よりは高い確率です。

なんとか、しっかり着床してくれますように。

(色々な方のブログを拝見していて、その中に

KLCの胚盤胞移植は8割方グレードCという記事も

あったので、まぁ標準だと思うことにしました。)


最後のお会計も時間がかかり、全てが終わった

のは14:30でした。

移植が一番だったこともあり、早い時間に

終われて良かったです。


KLCで2回目の移植、そして、初めての胚盤胞移植

今回で上手くいったら奇跡!

でも、なんとか上手くいってほしい。。

とにかく、祈るのみです。