locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、第二子妊娠中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

BT0(D24) 凍結胚盤胞移植【8周期目KLC】

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊活中です。


移植日は、8時過ぎに受付をして、血液検査、

診察、という流れでした。

ホルモン値は問題なく、移植できるとのことで

ほっとしました。

先日取った卵はまだ初期胚盤胞のため、

凍結してある方を使います、と説明がありました。


とても感じのよい若い女医さんで、前回は

女性ホルモンの薬を1日3回2錠ずつ飲んだけど、

今回は数値も良いので、1日2回1錠ずつ、

軽く足してあげる程度で大丈夫と言われました。


前回、着床したものの妊娠せず、女性ホルモンの

薬をもっとたくさん飲んだら、上手く行くのかなと

思っていましたが、そういう訳でもないようです。


その後、12時まで外出となり、スターバックス

デカフェのラテを。

f:id:rainbowloco:20171219172415j:plain


Wi-Fiも使えるし、デカフェもあるので、

スターバックスが好きです。


お茶してゆったりしたあとはユニクロで買い物して

3rd バーガーお昼ごはんを軽く食べ、KLCに

戻りました。


そして、培養士さんとお話。

間違いなくグレードAの卵でした。

それでも妊娠確率は55%~70%で、

30%~45%は妊娠しないということ。

グレードAに期待してしまいますが、

現実は厳しいかもしれない。。


移植は、とても感じのよいF先生でした。

「はい、よろしくお願いします。頑張ります!」

と声をかけてくれました。

そして、移植後は「あとは着床してくれることを

期待しましょう」と。

KLC、淡々としている先生が多いので、

ちょっと心が和みました。


会計をして、15時前に終了。

あとは、着床してくれることを祈るのみです。