locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、KLCにて第二子妊活中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

妊娠27週6日、胎動少なく受診→切迫早産気味

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


妊娠27週6日の時です。

前日の午後からあまり胎動が感じられず、

翌日病院に行こうかなと思いながらも、

夜寝る前にはある程度の胎動があったので、

翌日もそのまま仕事に行きました。


でも、胎動はあまり感じません。

朝家を出る前も横になって静かにしてみたり

したものの、ほとんど動かず。

ただ、今までもだいたい私の気にしすぎで

結局は赤ちゃんは動いていたので、今回も

大丈夫だろうとそのまま出社しました。


仕事中も、お腹を気にしながら過ごしていて、

たまーに小さな動きは感じるものの、先週までは

ボコボコと力強い胎動で、意識していなくても

動いているとわかる感じとは全く違いました。


そして、仕事帰りに、どうしても気になり、

迷った末に病院に電話を。

胎動が減っている気がするけれども、動いていれば

このまま様子見で良いのか、明日の朝受診すれば

良いのか、念のため聞いておきたいという気持ち

でした。


すると、時間外で電話に出てくれた病棟の

看護師さんは「赤ちゃんが元気か診ておきたいので

今から来られますか?」と言ってくれました。

今日診てもらえるなら一番安心なので、すぐに

病院へ向かいます。


病院で状況を話すと、まずはNSTで様子を

見てみましょうということで、機械をつけて

くれました。

その間に、少し大きめの胎動が数回。。


心拍も取れて「見た感じは赤ちゃん元気そう

ですけどね。あとで先生にも診てもらいますね」

「でも本当に赤ちゃんが元気がなくなっている

場合もあるから、お母さんの何かおかしいなって

いう感覚は大事にしていいんですよ」

「何もなく元気だったら、それで良いんだから」

と看護師さんは言ってくれました。

心配性の私にはありがたいお言葉です。


その後、30分ほどのNSTのうち、胎動はやはり

少ない気がしましたが、多少動いており、

お腹の張りも小さいのが数回のみでした。


そして、診察へ。

外来で見かけたことのない新しい先生でした。

NSTの結果を見て「赤ちゃんは元気ですね」と

先生からは開口一番に言われました。

内診をすると、子宮頸管長が29.5mmとのことで

今すぐにどうこうではないけれど、前回36mm

だったので、このペースで短くなるとしたら

マズイな、と。。


前回の切迫早産のこともあるので、子どもの

お迎えなどは無理せず、家族に協力してもらって

くださいと言われましたが、すでにペコの送迎に

関してはかなりの協力をしてもらっているので、

あとは通勤の負担が心配です。

そうは言ってもまだ出社はアウトではなく、

なんとか産休まで無理せず、通いとおしたいです。

(前回急に休んでしまい迷惑をかけたので)


そんな訳で、夜間受診させてもらいましたが、

問題なく、安心して帰ってくることができました。

皆様に感謝です。