locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、第二子妊娠中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

妊娠38週6日 いざ陣痛促進剤投入!

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過となり

誘発分娩で第一子を出産しました。

現在は第二子妊娠中、妊娠高血圧症候群で入院、

誘発分娩の予定です。


そして、誘発分娩当日になりました。

朝9:00から点滴開始とのことでしたが、その前に

NSTを取ると、すでに少し規則的な張りが

ありました。

ただ、一度だけ大きな張りの時に赤ちゃんの

心拍数が落ちたので、もしかしたら緊急帝王切開

あるかも、そうなると朝食も食べられないと言われ

先生の指示待ちになりました。


結果、朝食はOK、昼食はNG(妊娠高血圧症候群

場合、促進剤途中での帝王切開の可能性があり、

みんなNGのようでした)になりました。

NSTをつけたまま、9:00過ぎから朝食を食べ、

食べ終わったら、促進剤が開始されました。


すぐに先生も来て、内診すると、バルーンは

もう抜けていました。

子宮口は4cmくらい。

「張りも規則的に来ているので良いですね」

と言われ、内診終了。


「すでに来ている張りの波に、薬が上手く乗って

くれるといいですね」と助産師さんにも

言われました。

でも、朝の時点で、子宮口4cmで、この張りの

波なら、今日中に産まれるかなという期待は

していました。


前回は、ほとんど立ち会いに間に合わなかった

旦那さんも、今回は仕事をお休みして、

朝から一緒にいてくれました。


30分ごとに薬の流量を増やしていくと、明らかに

張りのレベルも痛みも増していきます。

12:00過ぎる頃には、そこそこの痛みが来ていて

13:00頃には波が来ると、声が出ないくらいに

痛みが強くなってきました。

でも、息を吐いていきみのがし。

内診すると子宮口7cmということで、進むと

早いかもしれないから、早めに分娩台へと言われて

移動しました。


正確な時間は覚えていませんが、14時前には

分娩台に上がっていたと思います。

まだしばらくいきみ逃しが続きましたが、かなり

しんどくなってきました。

それでも、旦那さんと助産師さんが体を

さすってくれて、なんとか頑張れました。


前回、第一子のときは、このいきみ逃しが

辛くて辛くて、次は無痛分娩!と心に決めて

いたのでした(笑)

実際はまた無痛ではなく挑むことになったのですが

この選択が今回は本当に幸いしたと後に

実感することになります。。


(つづく)