locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、第二子妊娠中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

生後1日 新生児一過性多呼吸について

出産の翌日、ベビのいるNICUに面会に

行きました。

まだ自分の貧血が改善せず、車椅子で連れていって

もらいました。


前日に、担当の先生から旦那さんに説明があり、

私もそれを伝え聞いていましたが、改めて

担当の先生からお話も聞けました。


ベビの病名は、「新生児一過性多呼吸」でした。

大人の過呼吸のようなもので、苦しくて

呼吸をたくさんし過ぎて、疲れてしまう、

という症状のようです。

(正確には違っていたら、すみません)


一過性多呼吸になった原因は、産まれる時に

苦しくて、その後の泣きが弱くて肺がしっかり

膨らまずに呼吸が苦しかったから。

ちょっとぐったりしていて、手足の動きも

弱かったとのこと。

ただ、心臓が止まったり、全然動かなかったり

ではなかったので、後遺症の心配は少ないと

考えている、との説明でした。

昨日は手の動きも少なかったけれど、今は

検査などをするときも嫌がって元気に動いている

と言われ、ほんの少し安心しました。


そして、前日にしていた酸素吸入の帽子は

呼吸が安定してきたからと既に外れていました。

それでも苦しそうではないから、保育器の中で

しばらく様子を見て、その後、通常の

ベビーベッド(コット)で、2~3日様子を

見るとのこと。

入院期間は1週間程度になると思うとの説明

でした。

「血色も赤ちゃんらしくなってきましたね」と

言ってもらえて、少しだけほっとしました。


NICUの看護師さんもみんな優しくて、

「昨日はびっくりしたよね。

ママも元気そうで良かった。

赤ちゃんもいい子でよく寝てくれてるし、

落ち着いてますからね。

こんな時のために、NICUがあるんだから。

安心してね。」というようなことを言ってくれて

とても心強かったです。


出産当日は、訳がわからないままバタバタと

赤ちゃんが産まれて、あっという間にNICU

連れていかれ、自分も出血多量で起き上がることも

できずに、不安と心細さでいっぱいでした。


でも、ベビが昨日よりも状況がよくなり、

落ち着いている様子を自分の目で見て、

やっと安心できました。

とにかく、このまま順調に回復してくれることを

祈るばかりでした。