読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、KLCにて第二子妊活中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

【1周期目 KLC】D32 ET12 判定日

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊活中です。


判定日、結果を聞きにKLCに行って来ました。

17時の受付予約で、17:05頃に着きましたが、

採血はほとんど待たずに、すぐ呼ばれました。

その後、5階の診察室前で待機。

1時間ほど待って、診察室へ。


待合室で待っているときも、ドキドキして

持ってきた本も読んでいられないくらいでした。

診察室に入ると、初診の時と同じ先生でした。


イスに座るとすぐに、「残念ながら今回は

妊娠していませんでした」と言われました。

HCG0は、0.1。

着床しなかったのか、途中で成長が止まった

のかは、わからないとのことでした。


これからの話として、卵巣を休ませるため、

次回の生理は見送って、さらに翌月の生理の

3日めに来て下さいと。

それから、今回グレード2という良い状態だった

にも関わらず、着床しなかったので

次回は胚盤胞まで育てた方が良いということ。

クロミッドと自然胚移植は相性が良くないので、

全て凍結して、次の周期に移植するのが良い

ということを説明されました。


妊娠していなかったこともショックでしたが、

またすぐ次回の生理からチャレンジできると

思っていたのに、お休み、凍結と、次の

チャンスが何ヵ月も後になってしまうことが

とてもショックでした。

しかも、胚盤胞まで育つこと自体、確率が

低いので、お休みの採卵ですぐ凍結できるかも

わかりません。

今回だって、2つの卵のうち1つは受精さえ

しなかったのに。。


でも、先生の話によると、連続の採卵した

場合の次の成功率というのは、低いという

ことがわかっているので、我々としては、

確率が低いものをお勧めはできないということ。

年齢が高くて時間がない場合には、

連続で採卵することもあるけど、30代であれば

1周期お休みするようにお話していますと。

ただ、次の生理で来院されれば、診察は

しますので、ご自身で検討して、またいらして

ください、と言われました。


とても優しい先生でした。

もしも今回ダメだったとしても、すぐにまた

チャレンジするつもりでいたので、本当に

戸惑いましたが、統計として確率が低いと

わかっているものをチャレンジしても、

また悲しい思いをするだけなので、先生の

言うとおりにしていこうと思います。


家に帰って、夜、これからのことを

旦那さんとたくさん話しました。


判定日からちょっと時間が経って、

私も少しずつ冷静になり、次の生理周期は

あまりあれこれ深刻に考えず、気楽に楽しく

お休み期間として、自分の好きなように

過ごそうと思えてきました。


生理周期が長めの私なので、次も次の次も

早く生理が来てくれることを祈っています。


【1周期目KLC】D25 ET8 移植後の変化

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊活中です。


移植後、私にできることは、お腹を冷さないこと

くらいです。

ET12が判定日ですが、折り返しを過ぎたところ。

体調の変化はよくわかりません。


というのも、タイミング法をしていた時にも

頭痛や腹痛、足の付け根の痛みなどがある度に

妊娠しているのかも!?と期待していましたが、

結果は伴わず。。

そういった変化は当てにならないなというのが、

私個人の感想です。


といいつつ、また期待してしまうと後で

がっかりしてしまうかもしれないので、

予防線を張っているというのもあります。

でも、頭痛や腹痛があっても、これでも

前の時はダメだったしね、と思う自分がいます。


基礎体温は、高温期をギリギリキープの

36.7度~36.8度くらいです。

第一子のペコを妊娠したときは、軽く37度を

越えていたので、ダメなのかな、、という

気持ちもありますが、デュファストン

飲んでいると、基礎体温は当てにならないという

記事も読んだので、希望は残しています。


妊娠判定が欲しいですが、怖くて

フライングも出来ません。

きっと判定日にKLCへ行き、運命の結果を

聞くことになると思います。


期待すると悲しさも増すので、期待は

したくないですが、後ろ向きすぎるのも

良くないので、いい結果になりますように!と

祈っています。



【1周期目KLC】D17 ET0 新鮮胚移植

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、KLCにて二人目妊活中です。


午前中の分割確認で、朝の時点でまだ

2分割と言われ、分割が進んでくれていることを

ひたすら願って、14時少し前にKLCに着きました。


9階で受付を済ませ、そのままフロアで待ちます。

休日の午後でしたが、今までの中で、一番

空いていました。

といっても、休日は午前診療のみなので、

私のような移植の人や急に採卵になった人しか

いなかったのかもしれません。


わりとすぐに呼ばれ、培養士さんとのお話です。

結果、「午前11時半の時点で、4分割に

なりました。なので、移植できます」と。

ほっとしました。


その後、8階に呼ばれて、小部屋に通されます。

採卵の時と同じお部屋でした。

手順も一緒。

着替えた後にトイレ指示があり、オペ室に

移動します。


台に横になっていると、「左のモニターを

見てください」と言われ、卵が吸いとられる

のが見えました。

その後、培養士さんから医師へ卵の入った

器具が渡され、今度は右のモニターを見ます。

看護婦さんが「これがカテーテルで、

この先に卵が入りますからね」と説明して

くれました。

実際、細い管の先に白い丸が現れて、

移植も完了となりました。


台から起き上がるとその場で、先生から

説明がありました。

「だいたい5日後くらいに着床します」とのこと。

簡単なお話が終わると、もとの部屋に入る戻り

休憩します。


今回は、採卵の時とちがって、痛くもなく、

お腹の違和感もありませんでした。

休憩後、もう一度トイレ指示があり、終了。

そのままお会計となりました。

すべて終わったのは、15:45頃でした。


次回は12日後の着床確認です。


ひとまず、無事に移植できてよかったです。

お腹に入れた卵が育つかどうかは、その時の

状態にもよると思うので、どうなるかは

祈るのみです。

これから、お腹の中でさらに分割して、

胚盤胞になり、着床する、まだまだ厳しい

道のりのような気がします。


今日お腹に入れた卵が、元気に育って

無事に着床してくれますように。

答えは12日後です。




【1周期目KLC】D17 分割確認

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、KLCにて二人目妊活中です。


昨日、無事に1つ受精していた卵ですが、

朝の9時半~10時の間に、分割確認の電話を

するように言われていました。


私にとっては、たった1つの卵。

この1つが分割していなかったらどうしよう。。

せめて2つ残っていれば、可能性も増えるのに。。

というのが、昨日からの私の思考回路。


反対に、2つあったから、1つが残ったんだよ!

よかった!

きっと分割してるよー!

というのが、旦那さんの思考回路。

このポジティブ思考にいつも救われます。


そんな不安な気持ちの中、なんとか分割して

いてください~!!と願いながらの電話です。


10時少し前に電話したら、すぐ繋がりました。

少々お待ち下さい、と保留のあとに返ってきた

言葉は「朝の時点で2分割です」でした。


「2分割では移植しても妊娠率が低いので、

移植はしません。

もし、午後に分割が進んでいれば移植と

なりますが、本日お越しいただけますか?」

とのこと。


行かない選択肢はないので、もちろん

「行きます」と答えましたが、心配で心配で

仕方なかったです。

14時に来て下さいとのことで、それまでの

時間、ひたすら分割が進んでくれていることを

祈り続けました。


続きます。



【1周期目KLC】D16 受精確認

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊活中です。


D16受精確認の日です。

午後14:05に電話で問い合わせしてください

との指示を受けていました。

指定の時間より少し過ぎた頃に電話をかけました。


ちゃんと受精しているか、心配で、心配で。

今回、卵が2つ取れたので、上手くいけば

1つは移植、もう1つは胚盤胞まで育てて

凍結の予定でした。


結果は、1つだけ受精していました。

私の卵が良くなかったのかなと、ちょっと

ガックリでしたが、1つは残っていて

移植の望みは絶たれていないのだから、

よかった、ということにしました。


凍結できないということよりも、この1つの

卵がちゃんと分割しなかったら、今周期が

終わってしまうということの方が恐怖でした。

もしも2つ残っていれば、どちらかが分割

してくれれば良いのだから。


でも、それはいつの時点でも同じことで、

今回、成熟卵が2つ取れたから、1つは

生き残ってくれたんですよね。

クロミッドを飲んで、2つに増えた卵だったから、

増えた方ではなく、もともとの1つは、

きっと生命力も強いはず!と信じて、

翌朝の分割確認を無事に迎えられるように

ひたすら祈っていたのでした。




【1周期目KLC】D15 採卵

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊活中です。


この日は旦那さんもお休みだったので、

二人でKLCに行きました。

前日の電話確認で7:40に来て下さいと言われ、

7:15頃に病院に着きました。

受付カウンターで7:20から受付開始。

たぶん、10分おきに予約が入っているよう

でした。


その後、私は8階へ行き、旦那さんは9階

待合室で待機でした。

8階では、予約の早い人から8時から採卵開始の

ようで、私は4番目のベッドに通されました。

着替えて待っていると、8:10頃にはトイレ指示

があり、その後すぐに、呼ばれて採卵と

なりました。


色々な方のブログで読んでいた通り、

本当に、あっという間の作業でした。

部屋に入る前に体重を計り、指紋認証

中で待っていたのは女医さんでした。

横になる指示や、名前を聞かれたりは

しましたが、モニターを見てくださいなどは

一切なく、終了しました。


ただ、モニターを見ていて、白い丸が

吸いとられて、小さくなっていく様子は

見えました。

無麻酔採卵にちょっと怯えていましたが、

痛みは、結構あるものの我慢できる程度でした。

が、お腹に組んだ手は力が入りまくり、

おしりも浮いて、看護婦さんに「おしりは

ベッドにつけてくださいね~」と言われました。


その後、8:25にはお部屋に戻って休憩し、

8:40には、再度トイレ指示、出血もなかったので、

着替えて8:50頃には終了しました。


9階待合室に行くと、すでに旦那さんも

ひとしごと終えて、戻ってきていました。


その後、9階のお部屋で培養士さんとの

お話がありました。

呼ばれたのは9:30頃だったでしょうか。


今回は2つの成熟卵が取れたとのこと。

旦那さんの方の数値も悪くないし、

一度自然妊娠しているので、2つとも

ふりかけ法で良いのではないかと言われました。

妊娠歴がない場合は念のため、1つを

顕微授精にしますが、その必要はないと思うと

言われたので、初回だし、その通りに

お願いしました。


なんとか、排卵済みにならずに、ちゃんと

2つの成熟卵が取れたことで、とても安心

しました。


培養士さんとのお話の後は、4階に移動して、

今度は医師とのお話です。

こちらはすぐに呼ばれました。

そして、お話もあっさり終わりました。

今日は2つの卵が取れて、両方ともふりかけ法で

受精させること。

受精できたら、2~3日後に移植となりますと。

この時の先生は2日目でも3日目でも結果は

変わらないので、都合のよい方でと

言っていました。

翌日しっかり受精してくれることを祈り、

終了しました。


医師とのお話の後は、会計まで少し待ちましたが、

10時には終わって、病院を出られました。

今回も2時間半。

初診に比べれば、とても早く助かりました。


あとは、受精して、しっかり分割が進むことを

祈るのみです。



【1周期目KLC】D13 卵胞チェック

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産。

現在、二人目妊活中です。


指定されたD13の午前中にKLCに行って来ました。

卵胞チェックだけなら、夕方仕事が終わってから

の診察でも良いんじゃないかと思いましたが、

午前中の診察なら、すぐに排卵しそうでも

午後に採卵できるけど、午後の診察だとそれが

できないから、排卵を逃してしまう可能性が

あると言われ、初回なので、仕事は午前休で

朝イチで行って来ました。


とにかく、初めてなので、時間の感覚もわからず

7:30の予約をして、6:53にKLCに着きました。

私の前に並んでいたのは6人。

その後、7時になると待合室のドアが開き、

室内で座って待ちました。

7:30に再診機にて受付開始され、私は21番でした。


月初だったので、4階総合受付で保険証確認し、

10階に行くとすぐ採血に呼ばれました。

そして、5階診察室待ち合いで待機。

こちらは8時から診察開始のようでした。

8:10に内診室に呼ばれ、8:45には診察室に

呼ばれました。


16㎜と20㎜の卵胞が確認できたとのこと。

2日後に採卵、その2日後に移植の予定で

行きましょうと言われました。

クロミッドを飲んでいましたが、そのせいで

診察前に排卵してしまっていたらどうしよう

と思っていましたが、とりあえず、第一段階を

クリアできました。

ただし、子宮内膜が5.8㎜で、移植の時に8㎜

ないと移植できないと言われ、子宮内膜が

厚くなることを祈るばかりです。


9:15には処置室に呼ばれで、鼻スプレーと

座薬の説明を受けました。

どちらも初めてなので、ドキドキ。。

そして、お会計なしで、9:25に終了しました。


思ったよりも早く終わりましたが、午前休

じゃないと間に合わない時間でした。

初日の5時間待ちの恐怖があったので、

半分の時間で済んでよかったです。