locoの1日1happy☆

切迫早産で入院、安静の末、予定日超過になり誘発分娩で第一子を出産。生後7ヶ月で、良性乳児痙攣の診断を受けました。現在、KLCにて第二子妊活中。日々の些細なできごとから、小さなhappyを見つけていきたいです。

妊娠32週4日 最後の妊婦検診

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


32週4日、里帰り前の最後の妊婦検診でした。

前回からの2週間、お腹が張ってパンパンなことは

何度もありましたが、休めばおさまり、

旦那さんや、実家の母の協力もあり、

大きな問題はなく、過ごすことができました。


そして、ペコ。

頻繁に横になり、抱っこもしてあげられない中で

状況を理解して、たくさん我慢もしているん

だろうなと思います。

最後の、残り少ない一人っ子生活、最大限に

ペコの思う通りにしてあげたいのに、すぐに

イライラしてしまう私がいます。。


お腹の赤ちゃんは問題なく、1970gと言われ

ました。

2週間前は、1700gくらいだった気がします。

ペコが32週6日の時は、1800gでした。


「赤ちゃん大きめですか?」と先生に聞くと

「いや、そんなこともないね、標準ですよ」

という答えでした。

ペコは41週で、3000g越の予測でしたが、実際には

2820gでした。

そのくらいの誤差はあると思いますが、

大きい方に誤差じゃないことを祈ります。


でも、あと8週間で1kgくらいは増えるんですね。

今回も前回も2週間ごとに、自分の体重が1kg強

ずつ増えています。。

「里帰りで食べ過ぎないようにね」と言われ

ました(^^;

体重管理も気をつけてながら、頑張ります。




2歳8ヶ月、トイレトレーニングのその後

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


いったん、積極的なトイトレをお休みして、

3~4週間ほど経ったかなと思います。

私からはたまに「トイレ行くー?」と声をかける

ことはありますが、「いかない!」と言われたら

「わかった」と応え、「トイレいかなーい!」と

自分から言ってきたときは「行かないよ」と

本人の希望に沿って、それ以上の強要は完全に

止めています。


たまーに、自分から「トイレいく!」と言うので

そのときは連れていき、そういう時には成功する

確率がとても高いです。


慌てるのをやめたことで、私がトイトレで

イライラすることも全くなくなり、

その件でペコが、泣くこともなくなりした。

ストレスフリーで、気持ちはとても楽です。


トイトレ、難しいですが、私にとっては

この形でよかったと思っています。



妊娠30週4日 妊婦検診と子宮頸管その後

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


30週4日の妊婦検診、今回も問題なしでした。

ちょっと貧血気味ではあるものの、薬を飲むほど

ではないし、食事に気をつけてくださいとのこと。


子宮頸管も、35mmで変わらず、張り止めは

続けるものの、今のところ切迫早産の兆候は

ないと言われました。


次、また2週間後に受診して、紹介状を書いて

もらい、里帰り先の病院へ転院です。

伊藤病院の紹介状も持って行くようにとのことで、

また表参道に行かないといけないのはちょっと

しんどいですが。。


このまま、仕事も最後まで続け、無事に転院まで

たどり着けますように。




妊娠28週4日、妊婦検診にて

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


妊娠28週4日、前回はまだまだ入院中でしたが、

今回はなんとか持ちこたえています。

前日の夜間受診の後だったので、何と言われるか

ドキドキの検診でしたが、内診の結果、

「今日は35mmありますね~」と。

「まぁ、29mmでも大丈夫ですけどね」、

「2cm切ったら危ないからね」と言われました。


前回はお腹をぎゅうぎゅう押されて測ったから

29mmだったのか。。?


張り止めはそのまま飲み続けてくださいね、

ということで、あっという間に診察終了。

赤ちゃんは1400gとやはり大きめ。

尿糖も血圧も問題ないので、特に何も言われ

ませんでしたが、頭の大きさは30週相当、

足の長さは27週相当、でした。

頭でっかち!!

大丈夫かな~。


何はともあれ、また2週間後の受診となりました。

35mmが正解なら、まだ当分大丈夫かもしれないな

と少し安心した検診でした。




2歳7ヶ月 トイトレでイライラ。負のスパイラル

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


4月頃から、本格的にトイレトレーニングを

始めたペコですが、なかなか思うようには

進みません。

最初の頃は、こどもチャレンジの付録の

しまじろうグッズなどで、嫌がらずにトイレに

行ってくれていましたが、最近はとにかく

トイレに行くのもイヤ!😭😭😭 で、

連れていくのも一苦労。


保育園では、誘われればすんなりトイレに行き、

成功したり、しなかったりはあるものの、

イヤイヤはしていない様子です。

でも、家では完全拒否。

基本的に、起きた時と食べた後にトイレに誘う

ようにしているのですが、先読みして、

起きたとたんに「トイレいかなーい」、

歯磨きしてても「トイレいかなーい」という

感じになってきました。

特に起きた後は「ごはん食べたあとに行くの!」と

言うものの、その時になると拒否され、

私も「さっき自分で行くって言ったでしょ!

約束は守って!」と必要以上にイライラしてしまう

ことが多くなりました。


そんな中、最近のペコは私に怒られ、

トイレに座って泣きながら

「ママ、怒らないで!」😭

「怒った顔しないで!」😭

と訴えてくるようになりました。

さらには、「ニコニコの顔がいいの!」😭と

言われ、このままじゃいけないとハッとしました。


どこか相談できるところはないか、ネットで

調べたところ、東京都福祉保健局の

4152電話相談というところを見つけました。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/jicen/annai/4152.html

私のこんな程度の悩みで電話して良いものか

躊躇いもありましたが、思いきってかけました。


すごく優しい女性の相談員さんでした。

9月に第二子出産予定で、それまでにトイトレを

完了させたいと思っていたこと、

最近、自分のイライラがエスカレートしていること、

ここまでしてトイトレをする必要があるのかと

いうことなどを話しました。


相談員さんは、「お母さんの気持ちもすごく

わかりますよ」と受け止めてくれた上で、

上の子も二人目が生まれること、お母さんの様子が

違うことなど、感じていて、デリケートに

なっていると思うと話してくれました。


二人目がいない状態でのトイトレと今の状態での

トイトレは状況が全く違うこと、

お母さんも上の子も今は普通の精神状態ではない

ので、トイトレも余計に難しいし、もしも

今トイトレを完了させても、赤ちゃん返りで

万が一また出来なくなってしまった時には

上の子本人もショックが大きいと思うということ

でした。


それならば、保育園ではある程度トイレも

出来ているし、家では強要せずに、

「ママがトイレに行きたいから連れていって~」

くらいに留めて、あまりトイレに誘わない、

本人が行きたいと言ったら、たとえ出てしまった

後でも誉めるなど、トイレが嫌だという意識を

もたせないように、くらいで良いのでは?と

言われました。


それよりも、上の子との今の時間を大事にして、

本人が自分はお母さんに大事にされているという

実感をたくさんもたせてあげる方が大切との

ことでした。

そうすることで、下の子が生まれた時に、

すんなり受け入れやすくなると。


下の子が生まれる前に、なんとかトイトレを

完了させてあげたい気持ちも、出来なくても

まぁいいやと思えない気持ちもとても良くわかり

ますよ、と。

それでも、今は二人目が生まれるという

上の子にとっては人生で大きな転機の時なので、

トイトレは二人目が生まれたあとでいいや~

くらいの気持ちでいる方が、お嬢さんにとっても

お母さんにとっても良いですよ、と言われ、

話しているうちに、気持ちがどんどん落ち着いて

きました。


ここに書いている以外にも色々と話を聞いてくれ、

また聞かせてくれて、40分弱ほどの時間の中で

私も今の状況を客観的に受け止め、考えることが

できました。


しばらく積極的なトイトレはお休みして、

ゆるーいトイトレ(?)くらいにしたいと

思います。


最後に電話を終えるときに、「お母さん自身が

このままじゃいけないと思って、この電話を

探して、かけてきてくれたこと自体が

お嬢さんのことをすごく大切に思っているという

ことですよ」と言われ、泣けてしまいました。


話している最中にも優しい言葉をかけられて

涙が出てしまい、自分が思っていた以上に

追い詰められていたと感じました。

相談させてもらえて、本当によかったです。


もっと上手にトイトレを進められるお母さん方も

たくさんいらっしゃると思うのですが、私には

難しかったです。

また機を改めて、ゆるやかに頑張りたいです。




妊娠27週6日、胎動少なく受診→切迫早産気味

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


妊娠27週6日の時です。

前日の午後からあまり胎動が感じられず、

翌日病院に行こうかなと思いながらも、

夜寝る前にはある程度の胎動があったので、

翌日もそのまま仕事に行きました。


でも、胎動はあまり感じません。

朝家を出る前も横になって静かにしてみたり

したものの、ほとんど動かず。

ただ、今までもだいたい私の気にしすぎで

結局は赤ちゃんは動いていたので、今回も

大丈夫だろうとそのまま出社しました。


仕事中も、お腹を気にしながら過ごしていて、

たまーに小さな動きは感じるものの、先週までは

ボコボコと力強い胎動で、意識していなくても

動いているとわかる感じとは全く違いました。


そして、仕事帰りに、どうしても気になり、

迷った末に病院に電話を。

胎動が減っている気がするけれども、動いていれば

このまま様子見で良いのか、明日の朝受診すれば

良いのか、念のため聞いておきたいという気持ち

でした。


すると、時間外で電話に出てくれた病棟の

看護師さんは「赤ちゃんが元気か診ておきたいので

今から来られますか?」と言ってくれました。

今日診てもらえるなら一番安心なので、すぐに

病院へ向かいます。


病院で状況を話すと、まずはNSTで様子を

見てみましょうということで、機械をつけて

くれました。

その間に、少し大きめの胎動が数回。。


心拍も取れて「見た感じは赤ちゃん元気そう

ですけどね。あとで先生にも診てもらいますね」

「でも本当に赤ちゃんが元気がなくなっている

場合もあるから、お母さんの何かおかしいなって

いう感覚は大事にしていいんですよ」

「何もなく元気だったら、それで良いんだから」

と看護師さんは言ってくれました。

心配性の私にはありがたいお言葉です。


その後、30分ほどのNSTのうち、胎動はやはり

少ない気がしましたが、多少動いており、

お腹の張りも小さいのが数回のみでした。


そして、診察へ。

外来で見かけたことのない新しい先生でした。

NSTの結果を見て「赤ちゃんは元気ですね」と

先生からは開口一番に言われました。

内診をすると、子宮頸管長が29.5mmとのことで

今すぐにどうこうではないけれど、前回36mm

だったので、このペースで短くなるとしたら

マズイな、と。。


前回の切迫早産のこともあるので、子どもの

お迎えなどは無理せず、家族に協力してもらって

くださいと言われましたが、すでにペコの送迎に

関してはかなりの協力をしてもらっているので、

あとは通勤の負担が心配です。

そうは言ってもまだ出社はアウトではなく、

なんとか産休まで無理せず、通いとおしたいです。

(前回急に休んでしまい迷惑をかけたので)


そんな訳で、夜間受診させてもらいましたが、

問題なく、安心して帰ってくることができました。

皆様に感謝です。




妊娠27週4日、遠いけれども、、伊藤病院

切迫早産で入院、自宅安静の末、予定日超過で

誘発分娩で女の子を出産しました。

現在、二人目妊娠中です。


表参道の伊藤病院に行って来ました。

KLCに初めて行って、伊藤病院受診の指示を

受けて以来、通い続けています。

どうやら、出産するまでは薬を服用しないと

いけないそうです。


血液検査の数値は、今回も問題なし。

また2ヶ月後に来てくださいとのことでしたが、

里帰りする時に診断書を持って行くように

今の産婦人科で言われたと伝えたら、

薬は2ヶ月分出すので、里帰り前にもう一度

来てくださいとのこと。

その時に、残りの薬の数を数えてきてくださいね、

と言われました。


血液検査も診察も、相変わらずあっという間に

終わりますが、とにかく待ち時間が長い。。

それでもKLCに比べればマシなのかな?

ただ、自宅からの通院が表参道はちょっと

乗り換えが多く、電車で帰ります座れないことも

あり、しんどいのです。

距離的よりも、心理的に遠い。。


でも、そんな通院もあと1回。

(産後もあるのかもしれませんが)

とはいえ、経過に問題なく、通院のみで

無事に27週を迎えられていることに感謝して

引き続き、服薬継続します!